ニュース
■2月18日(日)
春待ちわび里山散策 アルプス公園で親子 満喫
 自然の中を散策しながら動物や植物、 昆虫などを観察する講座「冬の自然観察会〜小さな春をみつけよう!」が17日、松本市郊外のアルプス公園で開かれた。家族連れなど11人が参加し、アルプ ス公園を中心に活動する「自然観察の会ひこばえ」(村上さよ子代表)の会員4人の案内で、里山に訪れ始めた“小さな春”を探し歩いた。

地域史 に秘められたドラマ 穂高で教養講座スタート
 安曇野ゆか りの先人や逸話を関連付けながら紹介する安曇野市穂高公民館の文化教養講座「安曇野話の泉劇場」(全3回)の初回が17日、穂高会館で開かれた。地域史研 究家・中島博昭さん=穂高柏原=と語り部・十枝功さん=豊科=が組んで、拾ケ堰の開削や穂高温泉郷の誕生秘話などを紹介し、約60人が興味深く耳を傾け た。

地域の誇り 漆メダル紹介 塩尻で長野五輪記 念展
 長野冬季オ リンピック・パラリンピックから今年で20周年となるのを記念した展示会が17日、塩尻市木曽平沢の木曽くらしの工芸館で始まった。木曽漆器の技術を生か した金、銀、銅のメダルをはじめ、メダリストたちの記録写真、開会式で使用された漆の軍配などが並べられ、平昌五輪に負けず劣らず熱気に包まれていた平成 10年の感動を呼び起こしている。3月11日まで。

松川活況 恒例あめ市 催し多彩にきょうまで
 松川村の冬 の恒例行事・あめ市のイベントが17日、JR信濃松川駅前の安曇節会館駐車場で始まった。村商工会の主催で、協賛37店で配られている補助券4枚で1回挑 戦できる福引や菓子をまく福投げなど盛りだくさんの企画で来場者を迎えている。18日まで。

雪道運転の技術学ぶ 上松で40人が講習
 上松町の自 動車部品製造業・上松電子内の「上松ラリーチーム」は17日、王滝村の松原スポーツ公園で、初の雪道運転講習会を開いた。郡内外から参加した40人が、 チームのドライバーの助言を受けながら雪道コースを車で走り、安全な走行技術を学んだ。

市民タイムス書き初め展 入賞作1000点アイシティに
 第 31回市民タイムス書き初め展(市民タイムス主催、松本地区書道協会主管)が17日、山形村の大型商業施設・アイシティ21で始まった。松本地方の幼児、 小学生、中学生から寄せられた2693点の中から選ばれた入賞作品1000点を展示している。19日まで。

小平、きょう女子500出場 平昌五輪スピードスケート
 韓 国・平昌で開かれている第23回オリンピック冬季競技大会のスピードスケート日本代表の小平奈緒(31)=相澤病院=は、18日午後8時56分(日本時間 同)からの女子500メートルに出場する。今季はワールドカップ(W杯)で全勝、昨季から国内外のレースで負けなしの24連勝中と大本命の種目で、スピー ドスケート日本女子初となる金メダルの獲得に注目が集まる。

塩谷先 輩、平昌パラ五輪で輝け 地元・塩尻の母校で応援熱く
 パ ラアイスホッケー日本代表として韓国・平昌冬季パラリンピックに出場する、塩尻市大門7区の塩谷吉寛選手(29)=長野サンダーバーズ、セイコーエプソン =を応援しようと、母校が盛り上がりを見せている。同市の広陵中学校が全校で千羽鶴作りを進めているほか、東京都市大学塩尻高校は17日、壮行会を開いて 健闘を祈った。世界で活躍する“身近な先輩”に在校生から多くの声援が送られている。