ニュース
■4月16日(日)
泣いて笑って大きくなろう 波田で仁王尊 股くぐり祭
 松本市波田の阿弥陀堂前にある仁王門 で15日、子供の健やかな成長を祈願する伝統の祭り「第30回仁王尊股くぐり祭」(実行委員会主催)が始まった。市内外から次々と親子連れが訪れ、子供に 金剛力士像の股下(高さ25センチ、幅30センチ)をくぐらせた。16日まで。

幼虫や 植物に興味津々 田淵記念館 むしの会
 安曇野市豊 科南穂高の田淵行男記念館と友の会が共催する自然観察教室「むしの会」が15日、今季の活動を始めた。山岳写真家で高山チョウの生態を研究した田淵行男 (1905〜89)の自然を愛する心を受け継ごうと、小学3年生〜中学3年生を対象に毎年開講している。この日は29人が参加し、記念館の周辺でチョウの 幼虫や植物を観察した。

塩尻・仁科街道の歴史に触れる 洗馬〜広丘  38人歩く
 善光寺街道 筋の宿場関係者らでつくる善光寺街道協議会(小瀬佳彦会長)は15日、「本洗馬の仁科街道を歩く」を塩尻市で開いた。協議会が通年で実施している「善光寺 街道巡礼歩き旅」の番外編「枝道歩き」の本年度初回で、スタッフも含めた38人がJR洗馬駅〜広丘駅を結ぶ11`を歩いた。

池田と山形で桜愛でる催し
 池田町と山 形村で15日、桜の季節にちなんだ催しがそれぞれ開かれた。全体に花が遅れ気味で、ちょうど見頃とはならなかったが、大勢の人が訪れて開花したばかりの花 を楽しんでいた。

木曽町福島で蔵開き 日本酒・みそ製造3店
 木曽町福島 地区にある日本酒やみその製造会社が蔵を開放する催し「蔵開き」が、15日にあった。「発酵食品のまち」をPRし、街のにぎわいにもつなげようと、三つの 蔵が昨年に続き足並みをそろえた。左党がほろ酔いを楽しみ、親子連れらはみそ造りの工程に理解を深めた。

球春到来 中学生が熱戦 塩尻で市民タイムス杯
 市民タイム ス杯塩尻市中学少年軟式野球春季大会(市中学少年軟式野球連盟主催、市民タイムス協賛)が15日と16日、広丘高出の塩尻市営球場で開かれている。今季最 初の公式戦で、技術向上と交流を図りつつ熱戦を繰り広げている。

春色の梓川で散策 桜ウオーク始まる
 梓 川の流れや桜を眺めながらウオーキングを楽しむ「信州松本梓川・桜ウオーク2017」(松本市・松本観光コンベンション協会主催、市民タイムスなど共催) が15日、松本市の波田・梓川地区で2日間の日程で始まった。初日は昨年の1・7倍近い約400人が参加し、春色が増す田園の中を歩いた。

今井のカフェ「ももっ茶」 子育てママ集う憩いの場に
 地域の人材を生かして多彩な講習会などを開催している松本市今井 のワークショップカフェ「ももっ茶」が、地元の若い母親たちの憩いの場となりつつある。自主的に講習内容を提案し、趣味や仲間の輪を広げたり、特技を役立 てたりして、乳幼児を連れながら生き生きと活動している。