ニュース
■2月10日(土)
田川地区の住民有志 音楽バンドを結成
 松本市田川地区の住民有志が音楽バン ドを結成し、このほど活動を始めた。昨年末に公民館で開かれた講座に偶然楽器経験者が集まり、意気投合したことがきっかけとなった。本格的な演奏経験がな いメンバーも準会員のサポーターとして加わり、技術よりも笑顔と笑いのある演奏で地区を盛り上げていこうと和気あいあいと楽しむ。当面は、秋の地区文化祭 での“デビュー”を目指す。

安曇野 市新年度予算案 2.7%減の402億円
 安曇野市は 9日、総額402億7000万円の平成30年度一般会計当初予算案を発表した。継続してきた認定こども園の建て替え事業などが一段落しつつあり、総額は前 年度比で2.7%(11億円)減となり、2年連続で減少した。ただ、JR明科駅周辺の都市整備に着手し、体育館の耐震化なども続くため、5年連続で400 億円を超え、過去5番目の大規模編成となった。

空き家の農地 取得可能に 塩尻市内への移住 定住狙う
 塩尻市農業 委員会はIターンやUターンによる塩尻市への移住定住を促進するため、30年度から空き家に付随する農地を取得できるように制度を改正する。市内の空き家 の多くが農地付きで、移住希望者も農業をやりたいという意向があり、需要と供給が一致しているため、関係者は効果を期待している。

朝日でいかが?家族の記念日 観光協が宿泊体 験ツアー
 朝日村観光 協会は、村内で木製のスツール(いす)を作ったり、そば打ち体験をしたりする「体験プログラム」を企画した。昨年12月に発足した協会主導の初めての企画 で、村内への誘客を図りつつ、迎え入れる側としても村の観光資源を見極める機会にする。家族単位での参加としており、大都市圏や松本地域で参加を募ってい る。

木祖の奥木曽湖結氷 湖面に幾何学模様も
 木祖村小木 曽の奥木曽湖(味噌川ダム湖)の湖面が結氷し、冬の美しい光景が広がっている。9日午前7時の気温は、ダム管理所の観測で氷点下16度だった。凍った湖面 には、雪や風のいたずらで幾何学模様も浮かび上がっていた。

松くい虫対策協議会 入山辺地区で設立
 松 本市内で拡大する松くい虫被害を受け、入山辺地区の住民が8日、松くい虫対策協議会を設立した。対策協議会の設立は、市内では四賀、岡田、本郷、里山辺の 各地区に次いで5例目となる。入山辺地区は標高が高く被害が拡大しないとされてきたが、隣接する里山辺地区から松枯れが進行しており、予断を許さない状況 となっている。

平昌冬季五輪が開幕
 第 23回オリンピック冬季競技大会が9日、韓国・平昌で開幕した。午後8時(日本時間同)に平昌五輪スタジアムで開会式が行われ、4年に1度の世界的なス ポーツの祭典の火ぶたが切られた。松本地方からは相澤病院(松本市本庄2)に所属する日本選手団主将でスピードスケート女子の小平奈緒(31)が出場し、 活躍に注目が集まる。

松本署 管内の落とし物 昨年の新モール開業後に急増
 昨 年1年間に松本警察署に届けられた落とし物は前年比21%増の3万596件で、前年の2万5343件より5000件以上増えたことが、同署のまとめで分 かった。特に松本市街地に大型商業施設・イオンモール松本がオープンした9月以降に急増しており、県内の警察署の中でも扱い件数が群を抜いて多くなった。 身分証明書など貴重品の落とし物が多く、同署は注意を呼び掛けている。