ニュース
■10月7日(土)
細川宗英さん彫刻の美 松本市美術館きょ うから特別展
 松本市出身の彫刻家・細川宗英さん (1930〜94)の特別展(松本市美術館主催、市民タイムスなど共催)が7日、市美術館で開幕する。初期から晩年までの彫刻作品やデッサンなど、細川作 品で過去最大規模となる約90点がそろう。人間の営みの中で変わらないものを風化する姿に込めた造形の探究や創作の変遷を紹介する。11月26日まで。

安曇野 市長選あす告示 現新3氏が出馬へ
 任期満了に 伴う安曇野市長選挙と市議会議員選挙(ともに15日投開票)は、8日に告示される。市長選には、現職で3選を目指す宮澤宗弘氏(77)=豊科高家、無所属 =と、いずれも新人で前市議会議員の宮澤豊次氏(69)=豊科、同、松澤好哲氏(73)=堀金烏川、同=の3人が、立候補を予定している。7日間の選挙戦 が始まり、産業振興や人口減少対策、公共施設の統廃合などが争点となりそうだ。

国道19号の桜沢バイパス 8日にトンネル着 工
 国土交通省 飯田国道事務所が整備を進めている塩尻市の国道19号桜沢バイパス事業で、全長約1・5キロのトンネルの着工式が8日に開かれる。掘削工事の契約期間は平 成31年1月末で、その後、舗装や各種設備を整えた上で供用開始となる。総事業費は約90億円。

池田の新多目的施設が起工 町の元気を育む施 設に
 池田町が池 田2丁目に建設する新しい多目的施設の地鎮祭が、6日に現地で開かれた。住民交流や新規創業者の育成支援、農産物発信拠点などとして活用する計画で、出席 した関係者13人が、町のにぎわいを創出する拠点となることを願った。来年3月末に完成し、4月に利用を開始する。

超広視野カメラの開発順調 木曽・三岳の東大 観測所で
 東京大学木 曽観測所(木曽町三岳)が進める超広視野カメラ「トモエゴゼン」の開発が順調だ。完成すれば、世界初となる広い空の大規模な動画探査が可能になる。今月、 本番に近いシステムでの初めての試験観測を開始し、3日には初観測に成功した。

エプソンが広丘に新拠点 商業大型印刷機など開発へ
 セ イコーエプソン(諏訪市)は5日、広丘事業所(塩尻市広丘原新田)に、商業・産業用の大型印刷機と、布などの繊維に精緻な印刷をする「捺染」印刷機を開 発・生産する新拠点を建設すると発表した。それぞれ世界的に成長が見込める分野とみており、約160億円を投じて体制を強化する。

児童・生徒の木工コンクール 入賞の秀作10点決まる
 県 内の小・中学校と特別支援学校の児童・生徒の独創的な木工作品を集めた「第40回県児童・生徒木工工作コンクール」の審査会が6日、松本市島立の県松本合 同庁舎で開かれた。5448点の応募総数のうち、各地区から推薦された81点が審査され、入賞作10点が決まった。最高賞の県知事賞(4点)には、松本・ 木曽地方から3点が選ばれた。入賞作は10〜13日、同庁舎1階ロビーに展示される。

衆院選 投票の判断材料に 若者が横顔動画配信へ
 信 州大学の学生や、若手社会人らでつくる「信州若者プロジェクト」が、衆議院議員選挙(10日公示、22日投開票)に合わせて、長野2区の立候補予定者の人 柄や政策を伝えるインタビュー動画を製作している。近くインターネット配信を始め、同世代に向けて投票の判断材料を提供し、政治への関心を高めてほしいと 願う。公示前に予定者4人全員から協力を得る予定だ。