ニュース
■10月11日(水)
安倍政権の是非問う 衆院選公示、22日 投開票
 安倍晋三首相の政権運営の是非を問う 第10回衆議院議員選挙は10日、公示された。与党の自民・公明両党に対し、野党再編で民進党が事実上合流した希望の党(代表・小池百合子東京都知事)と 日本維新の会、共闘する共産・社民・立憲民主各党が挑む“3極”の構図は、小選挙区の長野2区(松本市など)、4区(塩尻市、木曽郡など)にも反映され、 いずれも12日間の選挙戦に入った。2区は維新を加えた4人、4区は3人の争いとなった。定数は平成26年12月の前回選より10減の465で、与党が過 半数(233)の議席を確保できるかどうかが焦点だ。22日に投開票される。

期日前 投票スタート 安曇野市長選と市議選
 現職と新人 を合わせて3人が立候補した安曇野市長選挙と、26人が立候補した市議会議員選挙(定数22)の期日前投票が9日、市内5カ所に設けた投票所で始まった。 15日の選挙日に仕事や冠婚葬祭などで投票が困難だったり、レジャーや旅行などで市内にいなかったりする有権者が訪れている。

作家と芸術楽しもう 14、15日にアトリエ タウン
 工芸作家や アーティストと一緒に物作りや芸術を楽しむ催し「こどもアトリエタウン」が14日と15日、塩尻市民交流センター・えんぱーくで開かれる。今年は初の試み として、出展作家の作品や昨年までの開催の様子などを紹介する企画展「本と小物展」を市立図書館の展示コーナーで開いており、アートの世界をより深く楽し めそうだ。

住民同士で「助け合い」 朝日で有償サービス 開始
 日常生活の ちょっとした困りごとを、住民同士の助け合いで解消する有償生活支援サービス「いいせ」が10月、朝日村で始まった。村民が対象で、支援を受ける「利用会 員」と提供する「協力会員」を村社会福祉協議会が仲介し、家事や簡単な大工仕事など既存制度では賄えない生活支援をする。住み慣れた村内で、安心して暮ら し続けることができる環境を整える。

王滝村議に6人が無投票当選
 任期満了に 伴う王滝村議会議員選挙(定数6)が10日に告示され、現職4人、元職2人の計6人が届け出て、無投票で全員の当選が決まった。当選者はいずれも無所属で 全員男性となったことで、昭和62年から30年間、ほぼ途絶えることのなかった女性議員がいなくなった。

ミス松本に田中光さん 来月から観光PR
  2018ミス松本コンテスト(第60回まつもと市民祭松本まつり実行委員会主催)の公開審査が9日、松本市Mウイングで開かれ、市内の会社員・田中光さん (23)がミス松本に選ばれた。来月1日から1年間、各種イベントや県内外で行われる観光キャンペーンに参加し、松本をPRする。

そば祭りに15万7000人 3日間 城下町にぎわう
 松 本市の松本城公園を主会場に7日から3日間開催された「第14回信州・松本そば祭り」(実行委員会主催)が9日、閉幕した。初日の天候が不安定だった影響 もあり、来場者数は前年より3万1000人減ったが、2日目と3日目は晴天が広がる絶好の行楽日和となり、3日間で計15万7000人が来場した。

塩尻峠 で深々と一礼 塩嶺御野立記念祭
  「日本一短い祭り」として知られる、秋季の塩嶺御野立記念祭が10日、塩尻市と岡谷市の境にある塩尻峠の塩嶺御野立公園で開かれた。両市の市長をはじめ政 財界関係者ら約130人が参加し、明治天皇の巡幸記念碑に向かって一礼して、20秒で祭りを終えた。

な でしこ松商、全国へ 北信越高校女子サッカー
 第26回全日本高校女子サッカー選手権北信越大会は9日、大町市 の大町運動公園サッカー場で決勝と3位決定戦を行い、松商が3位決定戦で東海大諏訪を4−1で下し、2年ぶり3回目の全国大会出場を決めた。松商は前半に 1点を奪って主導権を握ると後半は攻勢を強めて3点を挙げ、東海大諏訪の反撃も1点に抑えて逃げ切った。全国大会は12月30日に兵庫県で開幕する。